いうとの「文具ログ」

文具好きによる文具情報を発信中

【これぞ一生物】野原工芸のシャープペン・ボールペンとは?

 

f:id:iuto_025:20201106165824j:plain

この記事を閲覧していただき、ありがとうございます。

中学生ブロガーの「いうと」と申します。

 

このブログでは、文房具に特化した記事を書いております。

良ければ他の記事も読んでいただければ幸いです。

 

みなさんは「一生使えるペンが欲しい」と思ったことがありますか?

 

今回ご紹介していく「野原工芸」は一生使用することができるペンなので、

「一生使えるペンが欲しい」方にはおすすめできます。

 

 

そもそも野原工芸って何?

「そもそも野原工芸って何?」と思われる方もいると思います。

 

文房具が好きな方は知っている方もいるとは思いますが、

そうではない方は知らない方が大半ではないでしょうか。

 

 1000年以上の歴史と伝統を現在に受け継ぐ南木曽ろくろ細工。時代と共に使う器のカタチも変わってきましたが、1つ1つを手作りの良さはかわりません。 どんなに機械化されても最後はやっぱり人の手の感覚で仕上げます。使う人の嬉しい顔を見るのが最高のよろこびです。

野原工芸HPより引用

 野原工芸は長野県にあるお店です。

オンラインサイトや取扱店、本店で発売しております。

 

ペンの他にも、名刺や茶筒なども発売しております。

ここでは、野原工芸のペンをご紹介させていただきます。

 

野原工芸のペンは一般的なペンとは違い、

ペン本体のほとんどが木で出来ています。

 

野原工芸の本店の近くは、木で有名な地域です。

なので伝統工芸(ろくろ細工)を利用して木のペンが作られているという訳です。

 

 

野原工芸のペンのどこががおすすめなの?

「野原工芸のペンのどこがおすすめなの?」と思われる方もいると思います。

 

私は現在、サムネイルの写真をみてわかる通り3本所持しています。

シャープペン:ハワイアンコアカーリー

ボールペンスリム:黒柿半孔雀目

ボールペンスタンダード:槐

 

なので、おすすめポイントについてご説明していきたいと思います。

 

 

世界に一つだけのペン

木は一つ一つ、木目が異なっています。

なので世界に一つだけのペンを手に入れることができます。

 

世界に一つだけのペンなので愛着もわきます。

 

 

経年変化を楽しめる

木や革製品は経年変化を楽しむことができます。

使用すれば使用するほど、木目が濃くなっていきます。

 

経年変化をするので「一生使用してこう」と思っている方にお勧めできます。

 

 

木の種類はどうやって選べばいいの?

「色々な種類の木があるけど、どうやって選べばいいの?」

と思われる方もいると思います。

 

私自身も、購入する際にかなり迷いました。

なので木の種類の選び方についてご紹介していこうと思います。

 

 

基本的には「好きな種類を選ぶこと」をお勧めいたします。

 

あまり販売していませんがハワイアンコアカーリーなど普段発売していない

「変わり杢」あればそれを選んでも良いかもしれません。

 

ですが、注意点があります。

ボールペンスタンダードなどのペンの種類によって木のラインナップが違います。

 

なので注意点にだけ気を付ければ、好きな木の種類を選べばよいです。

 

ちなみに私が好きな木の種類は、「黒柿」です。

 

↓ こちらからご確認ください。

www.pen.nohara.jp

 

 

どうやって買えばいいの?

「野原工芸のペンを文房具屋で見たことがないけど、どこで買うの?」

という疑問を抱いた方もいるかもしれません。

 

 

冒頭でもご紹介した通り、

野原工芸のペンはオンラインストアや本店、取扱店舗で購入できます。

 

 

オンラインストアで購入

ですが2020年一月現在、

オンラインストアではボールペンスタンダードとボールペンロータリー

以外は購入することができません。

 

2021年にそれ以外のものも再販されるそうなので、

本店や取扱店舗に行けない方は待ってみるのが良いと思います。

 

 

本店で購入

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻4689-644

にある本店で購入することもできます。

 

2020年11月現在、

新型コロナウイルス感染対策で予約制となっております。

 

なので事前に野原工芸さんに連絡をいれてから、本店に行くことをお勧めいたします。

 

 

取扱店舗で購入

近くにある取扱店舗で購入するという方法もあります。

 

いつも在庫があるとは限らないので、

連絡を入れてから購入しに行くことをお勧めいたします。

 

↓ 取扱店舗の確認はこちらから

www.pen.nohara.jp

 

 

野原工芸についてのお知らせ

順次更新していきます。

 

↓ 野原工芸の新型シャープペンを開発中

www.blog.nohara.jp